海外のビットコイン取引所を比較 - ビットコイン取引所徹底比較

menu
HOME » BTC取引所 » 海外のビットコイン取引所を比較

海外のビットコイン取引所を比較

仮想通貨の取引は日本のみならず世界中で行われています。
ビットコイン取引所も世界中に点在していますので、今回は海外のビットコイン取引所の中から日本人にも人気の高い2つの取引所をピックアップしてみました。
その特徴をよく比較してみてください。

「クラーケン」
クラーケンはアメリカのカリフォルニア州生まれのビットコイン取引所です。
ユーロとビットコインの取引出来高は世界一と言われています。
ビットコインだけでなくアルトコインもかなりの数が取引可能で、中にはイオスのように日本の取引所では売買することができないものもあります。
クラーケンはアメリカの取引所でありながら日本語対応も万全で、ほぼ完全対応と言って良いでしょう。

2014年から日本進出している取引所なので、その実績は文句なしです。
海外の取引所では珍しく日本円での入金も可能なので、日本にいながらしてスムーズな取引が可能となっています。
ただし日本円で購入可能なのはビットコインとイーサリアムになりますので、その点は注意が必要です。
兎にも角にも、日本人でも利用しやすい海外ビットコイン取引所として代表的な一社に挙げられるのは間違いないでしょう。

「ビットレックス」
ビットレックスもクラーケンと同じくアメリカのビットコイン取引所です。
この取引所の特徴は、なんといっても扱っているアルトコインの種類が豊富であると言うポイントでしょう。
全200種類以上もの仮想通貨を取り扱っています。
そしてその全ての仮想通貨に対する取引手数料が0.25パーセントとなっているのも大きなメリットです。
国内の取引所だとアルトコインの手数料は割高になる傾向がありますので、それらと全ての仮想通貨が0.25パーセントと言うのは破格の安さと言えるでしょう。

ただし海外のビットコイン取引所は総じてアルトコインの手数料が安い傾向がありますので、その中では圧倒的に安いともいえません。
また、通貨の種類が豊富であると言うことは初心者にとってはあまりメリットにならない場合もあります。
単純に種類が多すぎて悩んでしまうことがあるからです。
日本語対応もしていないこともデメリットと言えます。

この2社を比較しただけでも、海外のビットコイン取引所を選ぶ際には国内のそれとはまた別の部分で注意をしなければならないことが分かりますよね。
日本語対応、日本円の取り扱いなどなど、国内の取引所ならばほとんど問題になることがない部分に焦点を当てる必要があるのです。
自分にとってメリットの大きな取引所はどこなのか、しっかりと比較してください。