ビットコイン取引所の取引手数料を比較 - ビットコイン取引所徹底比較

menu
HOME » BTC取引所 » ビットコイン取引所の取引手数料を比較

ビットコイン取引所の取引手数料を比較

取引所を利用してビットコインを取引する際には手数料はどのくらいかかるのでしょうか。
ビットコイン取引所を選ぶにあたって重要になってくる取引手数料を比較してみました。

「ビットフライヤー」0.15パーセント〜0.01パーセント
「コインチェック」0パーセント
「ザイフ」−0.05パーセント〜−0.01パーセント
「コインエクスチェンジ」0パーセント
「ビットポイント」0パーセント
「GMOコイン」0パーセント
「ビットトレード」0.2パーセント
「フィスコ」0パーセント

以上が主なビットコイン取引所の取引手数料となります。
こうして比較すると、0パーセントの取引所が非常に多いですよね。
ビットフライヤー、ビットトレードのように僅かな手数料が発生する取引所も存在しますが、ほとんどが手数料無料です。
ザイフに至ってはマイナス、つまり取引をするたびに僅かではありますが利益を得ることが可能となっています。

単純に考えれば、取引手数料は安いに越したことはありません。
取引のたびに手数料を取られるのと、無料で取引できるのであれば、無料の方が良いのは当たり前ですよね。
ザイフのようにマイナスであればなおさら良いでしょう。

しかし、手数料が安いから優れた取引所であると言うのは、少し違ってきます。
多くの取引所は基本的に手数料を収入源にして運営されているからです。
主な収入源である手数料が0パーセントであると言うことは、それだけ取引所として収入が少なくなってしまうと言うことになりますよね。
逆に手数料が発生する取引所は、ユーザーが取引するたびに収入を得られることになりますので潤沢な資金で運営しやすくなります。
つまり、取引手数料は取引所の資金力に直結するのです。

資金力が高ければ高いほど、その取引所はセキュリティ対策などに力を入れやすくなります。
安心度を向上させやすいのです。
実際に国内最大手のビットフライヤーは手数料が発生しますが、セキュリティや補償サービスなど安心材料が豊富です。
手数料が発生することを承知しながらもその抜群の安心感からビットフライヤーで取引を行っているというベテラントレーダーも少なくはありません。

つまり、取引所とユーザーは一蓮托生なのです。
ユーザーが減ればその取引所は運営が厳しくなりますし、逆に取引所が倒れればユーザーも大損失を被る可能性があります。
手数料が無料であると言うことはユーザーにとってありがたいことであるのは間違いありませんが、ただそれだけを比較して取引所を選ぶのはリスクが高い行為であると言えるのです。
手数料だけでなくセキュリティや補償などまで含めて熟考する必要があるでしょう。