ビットコイン取引所の比較 - ビットコイン取引所徹底比較

menu

ビットコイン取引所の比較

▼目次

ビットコインやイーサリアムを始めとした仮想通貨取引において、日本は世界でもトップクラスの取引量を誇る国となっています。
今こうしている間にも、多くの日本人が仮想通貨によって利益を得ているのです。
しかし、仮想通貨で利益を得るためには取引所選びが重要になりますよね。
いったいどのように取引所を選んだらよいのでしょうか?

その答えはやはり、さまざまな取引所を比較しながら自分のレベルや取引スタイルに合った取引所を探し出すことでしょう。
今回はビットコイン取引所の中から日本人が利用することの多い取引所をご紹介しますので、その特徴を比較し、取引所選びの参考としてください。

ビットフライヤー

言わずと知れた国内最大手のビットコイン取引所です。
まだビットコイン取引を始めていない人でも、ビットコイン取引に興味がある人であればその名を知っていることも多いでしょう。
その規模は国内のみならず、世界のさまざまな取引所と比較してもトップクラスになります。
世界でもトップクラスの大手取引所なのです。
国内最大手だけあり、ビットフライヤー最大の売りは「安心度」であると言えるでしょう。
株主の顔ぶれを見れば、それに納得できる人は多いはずです。
誰もが知っているメガバンクや巨大企業がその名を連ねています。
それだけでも他の取引所と比較して頭一つ抜けた安心感であると言えますよね。
さらにビットフライヤーは二段階認証、不正出金被害金の一部補償サービスなど、実際の安心材料も豊富にそろっています。
取引手数料に関しては他の取引所と比較すると割高であると言えますが、それを支払ってでも利用する価値のあるビットコイン取引所であると言えるでしょう。

ビットレックス

こちらはアメリカのビットコイン取引所になります。
海外の取引所は日本のそれと比較すると、アルトコインの取り扱い数が格段に多い傾向があるのですが、その中でもビットレックスの取り扱い数はトップクラスであると言えるでしょう。
200種類以上の仮想通貨を取引することが可能となっているのです。
これは世界中の取引所と比較しても驚異的な数であると言えるのです。
興味の湧いた仮想通貨があった場合、ビットレックスを利用していれば大抵は取引可能であると言えるでしょう。
ただし日本のビットコイン取引所と比較すると、管理画面が多少見づらいと感じる人が多いかもしれません。
日本語対応もしていませんので、最初は戸惑う人も多いでしょう。
しかし逆に言えば、慣れてしまえば問題のないことも多いので、使っているうちにその真価を理解できるようになる取引所であると言えるでしょう。

クラーケン

こちらもアメリカの取引所ですが、日本進出してからだいぶ日が経っている取引所でもありますので、日本語対応もほぼ完ぺきです。
多少日本語がおかしいと感じる場合もありますが、意味が理解できないほどのおかしさではないので、問題ないでしょう。
さらに日本円の入金も可能となっていて、ビットコインとイーサリアムを直接購入することが可能です。
13種類のアルトコインを取り扱っており、日本の取引所ではなかなかお目にかかれないイオス、ドージコインなども取引可能となっています。
ビットレックスの200種類という数に比較すると少ないように感じる人も多いかもしれませんが、日本の取引所と比較すればかなり多いと言えるでしょう。

コインチェック

日本のビットコイン取引所としては、ビットフライヤーに次ぐくらいの規模を誇る取引所です。
この取引所は使いやすさに長けており、管理画面やスマホアプリの分かりやすさは他の取引所と比較しても最高水準であると言えるでしょう。
2018年1月にはネムを巡るトラブルもありましたが、迅速な対応を高く評価するトレーダーも多く、その勢いはとどまることを知りません。
アルトコインの取り扱い数も国内取引所としてはかなり多い方なので、初心者のころに口座開設し、そのまま現在でも利用しているという上級者も大勢います。

ザイフ

手数料の安さで言えば、世界中の取引所と比較しても最高レベルと言えるでしょう。
安いと言う言葉すら、もはや当てはまらないかもしれません。
取引手数料が0パーセントを超えた、マイナス0.01パーセントだからです。
取引をするたびに少額の利益を得ることになります。
ネムやモナコインと言った日本人の好きなアルトコインも取り扱っていますので、取引の頻度が高い人ほど利用価値のある取引所と言えるでしょう。

まと0め

他にも国内外にはさまざまな取引所がありますが、今回ご紹介した取引所を比較しただけでも、取引所によって異なった特徴があることが分かりますよね。
その特徴が自分にとってどの程度のメリットとなるのか、が重要なのです。
初心者のうちはビットフライヤーやコインチェックのように安心度や操作性を重視して取引所を選ぶのがおすすめですが、既にFXや株などで取引に慣れていたり、英語が堪能であったりする場合は、一概にそうとも言えないかもしれません。
自分の能力やレベルをどれだけ把握できているか、それに合った特徴の取引所を探し出すことができるかが最重要事項なのです。
じぶんにあった仮想通貨取引所を比較するならビットコイン取引所オールナビ